ラストエグザイル−銀翼のファム−のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ディーオ×螺鈿=???

<<   作成日時 : 2012/07/18 17:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

皆さま、お久しぶりです。
GONZO M井です。
前回のブログ更新は、まだ放送中だったのですね。
久しぶりすぎて申し訳ないです。

久しぶりなブログUPですが・・・
銀翼のファム×伝統工芸という
不思議なコラボレーション商品についてお知らせさせて頂きます。
アニメと伝統工芸が合うのか?!
企画を進めながら試行錯誤して生まれた商品、
それが『ディーオ 螺鈿付丸盆(高岡漆器)』です。

この商品、商品名だけ見ても分かりにくいので、
このブログで色々と補足させていただくことにしますね。

まずは、螺鈿。これは『らでん』と読みます。
螺鈿とは、漆器に夜光貝その他の貝類を彫刻して
漆地や木地などにはめこむ技法です。
「螺」は螺旋状の殻を持つ貝類のことであり、
「鈿」は金属や貝による飾りを意味しています。
ちなみ・・・加飾に使うのは1つの貝殻からわずかな量しか取れない大変貴重なものらしいです!!
今回は、不思議な光を放つ螺鈿をディーオというよりも
ギルドの名残として白の遺産をイメージに繋げていただきました。

次に丸盆。
これは言葉のまま丸い盆です。
盤面には村田蓮爾さんの描かれたディーオのイラストを金で転写しています。
サイズは直径24センチ。
大きすぎず、小さすぎず。
飾るにも日常使いするにも丁度良いサイズ!!・・・だと思います。
漆黒の艶のある漆を塗った蝶を指にとまらせたディーオの設定画を金箔に転写。
・・・なんて贅沢なんでしょう(笑)

そして最後に高岡漆器ですが。
高岡漆器は、古くは江戸時代から富山県高岡市に伝わる
由緒正しい工芸品です。
美しく温もりの感じられる光沢と感触が特色で、
1975年に伝統的工芸品に指定されたそうです。
今回このプロジェクトに賛同してくださった武蔵川工房さんも
明治の時代から続く高岡漆器の名門工房です。
そんな高岡漆器の工房の職人さんが作り出す商品は、
一つ一つ表情が違うはず!!
単なる商品ではなく、温もりが伝わってくるような美術品です。
皆様のお手元に届く際にも、そんな温もりが伝わりますように!
ちなみに、出来るまでの詳しい制作秘話は、
銘品零号のHPにある零日誌でも読むことが出来ますので是非どうぞ。
それでは、皆さま追い風を祈る!

月別リンク

ディーオ×螺鈿=??? ラストエグザイル−銀翼のファム−のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる